“メンズ同士の絡みをオカズにオナニーする婦人とマニア娯楽事例”

“出会い系サイトは偏った性癖であっても、それを満たすパートナーをあるんですよね。そういう事を物語っているようなPCMAXの評価がありました。ずいぶん著しいはなしですよ(笑)
【43年齢の大阪府ダディー】
ここでの顔合わせとなると、ほとんどの人にとって恋愛との顔合わせがスタートだ。私も恋愛との顔合わせが多いわけですが、でも今回は同性のおんなじ性感じのヤツ、バイセクのヤツとの顔合わせがありましたので紹介したいと思います。私は両刀使いなので、この大きい顔合わせも良好です。マミー存在にも、マミー個々向けの隅っこもありで、ここでの顔合わせは色んなシルエットがあるのかもしれませんね。引き金は、私の夫同士の顔合わせを綴ったダイアリーを見てメルアドを頂いたんです。それからお互いのダイアリーを参照しあい、話しが弾み、二人の夫トライやエリア、チンポの話しなど、どんどんメルアドで盛り上がりました。そして話しはメルアドをくださったダディー(Y氏)のセフレの恋人氏とのゲームはなしへと展開していきました。もちろん、夫同士の絡みを含めたゲームです。Y氏のセフレ恋人氏、Y氏と夫との絡み、雄交尾を観賞するのが好きなそうなんです。Y氏がクチマン、ケツマンをチンポで犯され、攻め場合てイク位置を見るのが歓迎みたいなんです。そして見ながら当人もオナニーするのだそうですよ。Y氏も見られ犯され、イカ達することに悦びを得るのだそうです。話しを聞くと全然楽しそうで私も参加したくなってきました。Y氏のクチマン、ケツマンを状況たおし、やりがいの見解をあげさせ、恋人の正面で夫に犯される氏を、私はチンポをマミーのオマンコではなく、同性のケツマンにぶちこみ、腰を突き上げる倒錯したコーディネートを見せつけたい。その雄交尾をオカズにオナニーする、おんなじマニアな恋人氏のコーディネートを見たい、というメルアドで盛り上がりました(笑) 徐々にこういう顔合わせが実現しそうなので、まさにゲームを体験してきた引き返し、またストーリーしたいと思います!”

“出会いたい症候群に陥ったダディーの出会い系サイト書き込み”

“出会い系サイトを使うことで一喜一憂やるメンズのリアルな心が描かれている評価(PCMAX)を見つけました。おそらくこういうメンズもそうというんですが、「出会い系サイト禁断症状」みたいになっているやつってかなりいるんですよね。何度か好ましい顔合わせを味わうと、一層すばらしい顔合わせを求めていくらでものめり込んでいくというムードでしょうか。PCMAXとか出会える優秀出会い系サイトの評価曲線を覗いていると、そんな評定が結構目につきます。初々しい顔合わせは果たして外敵みたいで一度味わうとクセになりますしね。【37歳の愛知県内メンズ】一時期はマックスで今までのライフスタイルで出会ったことがないような可愛いマミーと出会いまくっていたのに、最近はいい顔合わせがないので落ち込む例年です。まぁ顔合わせが根こそぎじゃないって思うけど、せっかくの顔合わせが厳禁になると退廃が激しいのは事実です。目新しい夫人とメルアドのコミュニケーションが始まったり、出会えることが決まると、果たしてテンション投稿で毎日が面白くなります。こうした時機は仕事も全然苦じゃなくなります。でも、漸く出会ったのにメルアドが来なくなったり、会ったけど今一つだったり、メルアドの途中で客の印象が悪くなったりしてくると大幅にテンションダウンしてしまう。何だか憂鬱なデイリーになりますね。そんなシチュエーションって他にも悪いことが重なるもので、仕事も今一つだったり、対人系にも悪影響を及ぼします。そんな時、日常ですれ違う夫人で着こなしのいい夫人を見かけると、ちょっとイラっとしてしまうんですよね。それは、夫人に対しても個人に対してもです。「どうしてこうした綺麗な愛らしい方針の良い女性が存在するんだろうか。いなかったら自分がうやましく思うこともないのに」「自分はどうしてこれ程女好きなんだろう?赤の他人なのに、すぐに目移りしてしまう。何かそんなみじめなパワーはしたくない」こんなことを繰り返して、顔合わせ行動をいつまで経っても辞めることができません。まさしく「出会いたい症候群」。でも始終使ってると定期的に強烈に出会える時機がやってくるのは分かってるので、その日に向けて今日もまた頑張りますよ(笑)”

“28年代サラリーマンが何とか真剣に男性と付き合うことができたコンタクト関わりクチコミ”

“28歳サラリーマンのPCMAX評価です。長く付き合える主人についに出会えたという内容ですね。真剣に付き合いようやく5時代から、嬉しさが伝わってくるような規格です。真剣にお付き合いすることのできる相手がはじめて見つかったという内容の評価も結構多いんですよね。ただお手軽にセックスするというだけじゃなく、真剣なお付き合い、そしてその先にはブライダルを考えているような男女も結構多いわけですね。
【28歳の岡山県内夫人(サラリーマン)】
彼がいないから書ける~。大人備忘録です。彼はとうに脱退してるから自分は自由に大人書いてるけれど読まれていたら書けませんね(笑) も私の備忘録は認めてくれてるんですよ。こういうクライマックスの備忘録で彼と出逢い、だから、元カレの事も知ってるんですよね。元カレのポイントとかも知っててくれた上で付き合ってくれているのでいわば真実味があります。元カレの意地悪で、揉めた時もちゃんと話し合えと言ってくれた彼。必ずや心の幅広いやつです。クライマックスで何人かと付き合ったけれど長くは続かなかった。一番の理由は、自分が我欲で幼子くさいからなんですけどね。だから、初歩彼に手法された時も何回も断ったんです。今までのように、更にけが付きたくなかったから。備忘録だけ書いてればそれで良いと。遊びの遭遇は何回かあっても本気のお付き合いは諦めてた。でも、彼にいつまでも待つって言われて、誠実嬉しかったな~。でも、間もなく逢うのは嫌だったので2ヶ月あまり、メイルや電話してました。いよいよ逢ったのは6月でした。以後5ヶ月で、今や丸5時代なんですよね。誠実、今も信じられないくらい感動してある。続くかも~(笑”

“オヤジの臭いおちんちんに情欲する24年サラリーマンの赤裸々なカミングアウト”

“エッチな24歳サラリーマンの幸せメールアドレスクチコミ(メモ)を読んで興奮しちゃいました(笑) 赤裸々に自らの性癖まで書かれていてエロいです。ぼくのアソコも臭いので舐めてください(笑)【幸せメールアドレスクチコミ・24歳サラリーマン(東京在住)】幻想がルーティンの俺です。幻想だけのオナニーで何回でもイケちゃいます(笑) いま、ふとスッゴく濡れ易くなってしまいました。ウォシュレットであちらを刺激するというのも癖になってきちゃって、民家だけじゃなく外の便所でもやっちゃいますね。あとは、すし詰め車両の中で気弱そうな夫を見たりしたりすると耳をなめたり首筋をなめたいなぁっていう逆レイプ切望がムクムクと湧き上がってきちゃうんです。ペットという可愛い夫ここにいないでしょうか? もしも情報くれればいっぱいペロペロしてあげるよ(笑) ここだけの秘密の話ですが、この前48歳の加齢臭が漂う親仁とごはん食べてエッチしてきました。すこぶる私の男性と同い年なんですよねぇ(笑) 僅か違和感がしました。その親仁のおちんち○はそこそこ臭ったんですが(笑)、なんとなくその臭いに興奮しちゃう俺がいました。これは新たな発見でしたね。ちょっと自分がこんなに匂いフェチだったは。それも親仁の臭いアソコの雰囲気に好色行うは。なかなか巡り合い関わり使ってると、最新自分を知る色んな探知がありますよね。”

“排卵状況以外にもいつでもセックスする人間の婦人の習性”

“男性が結婚するのは、人物では女性がいつ排卵するのかが隠されている地、女性がいつおめでた可能なのかが敢然と判別できないことにその契機がある、という風評もあるようです。ほ乳類の雌には、ふつう発情期がありますよね。雌は排卵の起こる時分、おめでたOK時分だけ発情して交尾決めるね。排卵のない時折発情も起こらず、雌は雄を一向に受けつけません。そして、発情期の雌の体躯や実行には、敢然とそれほどとわかる雰囲気が現れます。だから、雄は、発情期迄だけ雌を独占しておけば、出るキッズは自分のキッズだと確信することができるのですね。発情期以外は、何も気にかけることなく放っておいても雌は妊娠する見通しはわずかからです。でも、人物の女性には、発情期というものがありません。排卵していようがいまいが、いつでもセックス可能ですし、やはり淫欲もあります。排卵時分に淫欲が高まるという傾向にあるようですが、それ以外でも普通にセックスやる女性は多いですよね。また、排卵やる状態でも特別の署名は出さないですよね。男子には母親がいつおめでた可能なのかがわからないのです。このあたりに祖先の年代から男子にとっての大きな苦悩があったわけです。出るキッズが自分のキッズですことを100パーセント確信する方法がないわけですね。だから結婚して自分の手元にもっと置いておかなければ、他の男子の坊やを自分の坊やだと思いこんで育て続けるリスクがあるわけですね。”

“出会い系サイトで初めて出会うときのおばさんの正直について”

“出会い系サイトではじめて出会う時間、女房はどんな事を思っているのか。その胸中が綴られているPCMAXレビュー(日記)がありました。こういうケースは極端なサンプルかもしれませんが、「やっぱり最初から全て曝け出しておいたほうがお互いの為に喜ばしいような気がします」はポイントかもしれませんね。
≪PCMAXレビュー・三重県内女房(35年)≫
このサイトですダディーと知り合いました。最初はインターネット内でメルアドを交わして、のちラインへとトライしました。ついつい社交はじめのアベックのように楽しくて、毎日のようにラインを通して、お互いの事を話していました。わたくしは、男性は外見じゃなく要項が大事だと、さらにそんなに思っていたんですよね。だからお互いの顔つき撮影はとりわけ要望をせずに、プロフ撮影だけの実測だけだったんです。わたくしは既婚輩なんで、人目がさすが気になります。なので気にせず会話する為に初デートで旅館へ行きました。あっ、やっちゃってませんよ(笑) 恋人は精一杯こどもを抑えていた事でしょうが。そしてここからが本題なんですよ。旅館に着くと、恋人が被っていた帽子を取ったんです。そして私のおまぶたまぶたが、際止まりました。あれれ?う~ん、無い?寒い?フなんて言えば、、恋人の胸中、さんざっぱら寒そうなの。帽子の中身が少ないようで。恋人はまだ30代なんですよ。だけど頭は二度と70お代って感じ。プロフ撮影では、帽子被っていてなんにも分からなかったんです。それからは、帽子を被ってる撮影を見ると、帽子の中身が気になってしまうわたくしなのでした。撮影って、むしろ怪奇の1枚って言うのがあるんですよね。真に会って、あれ?あれ?ぺてんだろ!って、思った点ありませんか?撮影は1枚ではなくて何枚も交換した方がいいなぁとその時から思うようになりました。今まで、人類は顔つきでは薄い!とますます思っていたんですが、どうもそれは異なるようです。やはり外見も大事なのか、と自分の悪さを実感したお日様でした。でも、最初から毛髪が無いって分かってたら、それはそれでよかったのかもしれません。発想と現実のギャップがありすぎたので驚いてしまったような気がします。とにかく最初から全て曝け出しておいたほうがお互いの為に嬉しいような気がしますね。”

“出会い系サイトで沢山のママとセックスしまくるに関しての帰結”

“こうした愉快メールアドレスの感想がありました。出会い系サイトで沢山の淑女とセックスしまくる仕打ちのメリットとデメリットといった規格でしょうか。確かにそんな現状があるのかもしれませんよね。
≪愉快メールアドレスの感想・和歌山県内ダディー(45年)≫
初めて出会う前は、とりわけわくわく心拍でアドレナリンが出まくってボルテージが頂点に達する。そして、らしく無いことも、らしい事も何かとする。そしてセックスも最初の第一歩が一番興奮する。でも出会い系サイトで沢山の女性に出会い、セックスを重ねていくと感受性が鈍ってしまう。一回目のセックスは興奮するが、二回、三回と続ける事がザクザク面倒くさくなっていってしまう。モノにしてしまったら人気はごっそりなくなってしまう。そして連絡するのも億劫になる。飽きるのが異様に少なくなってる気がする。モノにしても手元に居ないから自分の存在では弱い。だからといって制約も独占もしたく無い。そして放置して普通雲散についての繰り返し。多くの淑女と際限なくセックスをすることはモチベーションチックで楽しいことだが、共々大切なものを失ってるハズかもしれない。でもこれから止められないけど。”

“主人がいる女房を本気で好きになった紳士の出会い系サイト評価”

“男女のコンタクトというのは、夫婦の枚数だけ色んな形状がありますよね。紳士にとって出会い系サイトというひとつは、最初はセックス彼女を探そうという要因が何だか多いと思うんですよね。お手軽にセックスできるセフレを作ることができればいいな、という感じで。でもそうやってセフレを探していて、本当に出会って本気でその彼女の事が好きになっていくという規定はかなり多いように思います。そういうコンタクトつながり口コミってほんとに多いですから。下はPCMAXの口コミですが、本当にこれもそのような高みを綴っていますよね。【33年の千葉県内紳士】ちょっと出会い系サイトでこんなにも好きになれる自分に出会えるなんて連想もしていませんでした。その主人は彼がいましたけど、私といる時はホンマに私を愛してくれてました。おそらくこれは本音だったと思います。すごいお互いの利害が一致してお互いのエッチにもひどく惹かれあってました。私は今でも主人の事が一体全体好きです。33年になってやましいんですが、これ程自分を好きになれた事項なんて今までありませんでした。何かうまく言えませんが、、ムカついたとか至極ありませんでした。それより彼にバレる様なメイルとか深夜に何度もしちゃって必ずごめんね。あの時は会いたくて会いたくて自分の意欲を抑えることができなかった。。感謝してます。そしてこれからもこの先も私はあなたの事が大好きです。本当出逢ってくれて有難う。マネロボットや自分が両者いればたとえ良いだろうとあなたも言っていましたが私も今はそんなことばっかり考えています。”

“人妻特有の強烈な母性がある42年人妻とのセックス一生”

“42年の人妻とセックスやるという男性が書くPCMAX体験談です。そのお恋人の人妻は「人妻特有の強烈な母性」を持っているらしいですね。確かに人妻好きの旦那というのは、そういった母性を求めている事があるのかもしれません。それは精神的、無我的、共のケースがあると思いますが。<PCMAX体験談(42年・静岡県内旦那)>前日、本年最初のセックスを通じてきました。お恋人は人妻です。言い方は香織氏。出会ってセフレというコネクションになってとっくに1クラス以来経ちます。セフレと言ったらなんとなく不躾ですね。彼女というようなコネクションですね。やっぱりPCMAXで知り合いました。いよいよ会ってから毎月1回くらいのペースで会って、会えばことごとくセックスしてます。だからとうに13~14回くらいはセックスしてきた計画になります。その間、別途旦那一色というわけでもなく、他の女性にも何人か会ってセックスもしてきました。でもほとんどがその日限りで終わっちゃってますね。さすがどこかで香織氏と比べてしまってるんだと思います。香織氏はただエッチだというだけじゃなくて、必ず容易いですからね。結局は香織氏の元に戻ってしまうという繰り返しですね。香織氏は人妻特定とでも言う強烈な母性があるんですよね。少女が1お客様いるそうなんですが、小児がいるようには大いに見えません。42年なんですけど、40お代になんかまったく見えません。慣例は抜群に素晴らしいし、ほぼミニスカートで来てくれるんです。本年中には本当にお泊まりの見物に行きたいねっていうお話もしている。ひどく楽しみですね。そうなったら恐らく夜通しセックスすることになると思いますが(笑)”

“どうにも無料で出会い系サイトを使いたい”

“今まで何度も無料出会い系サイトの詭弁チックパッケージについて書いてきました。でもさすが無料出会い系サイトってなくならないし、使いたいという男性はいつの時期も多いわけですよね。「無料でHできるんなら極めつけじゃん!」って心理的に患うんですよね。そこで優良な争点制の一流出会い系サイトであっても無料で予約をゲットするものを紹介しておきます。とはいってもいやに単純なことなんですが。ホームページで出会える秀逸出会い系サイトとして5インターネットをアナウンスしました。これらはオール結構出会えるインターネットとしてお墨付きです。長年にわたって皆に愛用されてもある。これらのインターネットは男性は無料で一際使えるということではないんですが、最初の入力時や概要の登記、年令判明業務などを行うことで、そこそこの量の無料争点を貰う事ができるんです。少し手間がかかりますが、それが5インターネット取り分となると最適量になるので、その無料争点によって女性に方法をかけていきます。その際に注意すべき点は、無料争点の範囲内で予約まで持っていきたいのであれば、表紙を分散させずに1顧客に絞りこんで応酬をするということでしょうね。5インターネットそれぞれのアダルト掲示板辺りを見て、それぞれのインターネットで1顧客に表紙を絞りアプローチすると、1顧客くらいは予約まで持っていける百分比は大きいと思いますよ。そういったやり方で、以来もずっと出会い系サイトによってこうという内面になれば、運気のよさそうなメインサイトを一つに絞り込んで継続して使っていく、という風情でもいいかもしれませんよね。”