“メンズ同士の絡みをオカズにオナニーする婦人とマニア娯楽事例”

“出会い系サイトは偏った性癖であっても、それを満たすパートナーをあるんですよね。そういう事を物語っているようなPCMAXの評価がありました。ずいぶん著しいはなしですよ(笑)
【43年齢の大阪府ダディー】
ここでの顔合わせとなると、ほとんどの人にとって恋愛との顔合わせがスタートだ。私も恋愛との顔合わせが多いわけですが、でも今回は同性のおんなじ性感じのヤツ、バイセクのヤツとの顔合わせがありましたので紹介したいと思います。私は両刀使いなので、この大きい顔合わせも良好です。マミー存在にも、マミー個々向けの隅っこもありで、ここでの顔合わせは色んなシルエットがあるのかもしれませんね。引き金は、私の夫同士の顔合わせを綴ったダイアリーを見てメルアドを頂いたんです。それからお互いのダイアリーを参照しあい、話しが弾み、二人の夫トライやエリア、チンポの話しなど、どんどんメルアドで盛り上がりました。そして話しはメルアドをくださったダディー(Y氏)のセフレの恋人氏とのゲームはなしへと展開していきました。もちろん、夫同士の絡みを含めたゲームです。Y氏のセフレ恋人氏、Y氏と夫との絡み、雄交尾を観賞するのが好きなそうなんです。Y氏がクチマン、ケツマンをチンポで犯され、攻め場合てイク位置を見るのが歓迎みたいなんです。そして見ながら当人もオナニーするのだそうですよ。Y氏も見られ犯され、イカ達することに悦びを得るのだそうです。話しを聞くと全然楽しそうで私も参加したくなってきました。Y氏のクチマン、ケツマンを状況たおし、やりがいの見解をあげさせ、恋人の正面で夫に犯される氏を、私はチンポをマミーのオマンコではなく、同性のケツマンにぶちこみ、腰を突き上げる倒錯したコーディネートを見せつけたい。その雄交尾をオカズにオナニーする、おんなじマニアな恋人氏のコーディネートを見たい、というメルアドで盛り上がりました(笑) 徐々にこういう顔合わせが実現しそうなので、まさにゲームを体験してきた引き返し、またストーリーしたいと思います!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です