“出会いたい症候群に陥ったダディーの出会い系サイト書き込み”

“出会い系サイトを使うことで一喜一憂やるメンズのリアルな心が描かれている評価(PCMAX)を見つけました。おそらくこういうメンズもそうというんですが、「出会い系サイト禁断症状」みたいになっているやつってかなりいるんですよね。何度か好ましい顔合わせを味わうと、一層すばらしい顔合わせを求めていくらでものめり込んでいくというムードでしょうか。PCMAXとか出会える優秀出会い系サイトの評価曲線を覗いていると、そんな評定が結構目につきます。初々しい顔合わせは果たして外敵みたいで一度味わうとクセになりますしね。【37歳の愛知県内メンズ】一時期はマックスで今までのライフスタイルで出会ったことがないような可愛いマミーと出会いまくっていたのに、最近はいい顔合わせがないので落ち込む例年です。まぁ顔合わせが根こそぎじゃないって思うけど、せっかくの顔合わせが厳禁になると退廃が激しいのは事実です。目新しい夫人とメルアドのコミュニケーションが始まったり、出会えることが決まると、果たしてテンション投稿で毎日が面白くなります。こうした時機は仕事も全然苦じゃなくなります。でも、漸く出会ったのにメルアドが来なくなったり、会ったけど今一つだったり、メルアドの途中で客の印象が悪くなったりしてくると大幅にテンションダウンしてしまう。何だか憂鬱なデイリーになりますね。そんなシチュエーションって他にも悪いことが重なるもので、仕事も今一つだったり、対人系にも悪影響を及ぼします。そんな時、日常ですれ違う夫人で着こなしのいい夫人を見かけると、ちょっとイラっとしてしまうんですよね。それは、夫人に対しても個人に対してもです。「どうしてこうした綺麗な愛らしい方針の良い女性が存在するんだろうか。いなかったら自分がうやましく思うこともないのに」「自分はどうしてこれ程女好きなんだろう?赤の他人なのに、すぐに目移りしてしまう。何かそんなみじめなパワーはしたくない」こんなことを繰り返して、顔合わせ行動をいつまで経っても辞めることができません。まさしく「出会いたい症候群」。でも始終使ってると定期的に強烈に出会える時機がやってくるのは分かってるので、その日に向けて今日もまた頑張りますよ(笑)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です